医薬品のネット購入時には、購入できない薬もあることを覚えておきましょう

医薬品をネットで買う前に

医薬品にも種類がある

皆さんが普段何気なく使っている『薬』という言葉。実は一口に薬といっても、いろいろと種類があります。
まずはこの医薬品の種類を知ることが、ネット購入する際の留意点にもつながっていきます。

ですので、まずこのページでは、医薬品の種類について見ていきましょう。
それぞれの医薬品には、外箱などに『第○類医薬品』という記載があります。実際にご家庭にある医薬品の外箱を見てみるのが一番わかりやすいかと思います。

・第三類医薬品
比較的効き目がおだやかで、副作用が起きる可能性が低いと考えられる医薬品です。
整腸剤や、一見サプリメントのように見えるものでも、この第三類医薬品に入る物があります。
薬剤師または、登録販売者の資格を持つ人が販売することが出来ます。

他にもある医薬品の種類

・第二類医薬品
第三類よりも副作用のリスクが高いと考えられるものが分類されます。風邪薬や胃腸薬など、私たちが普段利用している医薬品の多くが、この第二類医薬品です。
こちらも、薬剤師または、登録販売者の資格を持つ人が販売することが出来ます。

・第一類医薬品
副作用のリスクが高く、特に注意して使用しなければならないものは、第一類医薬品に分類されます。こちらは、薬剤師の資格を持つ人しか販売することが出来ません。一部の発毛剤や鎮痛剤、胃腸薬などが該当します。

・医療用医薬品
通常、病院に行って処方せんを出してもらわなければ購入できない医薬品です。したがって、薬剤師の資格を持つ人しか販売することはできません。

他にも、第一類から第三類医薬品と、医療用医薬品の中間的存在ともいえる「要指導医薬品」も存在します。