医薬品のネット購入時には、購入できない薬もあることを覚えておきましょう

ネットで買える医薬品ってどんなもの?

ネットで買える医薬品の種類

現在、ネット通販で購入できる医薬品の種類は、前ページでご紹介した『第三類医薬品』から『第一類医薬品』の三種類に限られます。

前ページでは、『医療用医薬品』や『要指導医薬品』というものもあるとご紹介しましたが、こちらはインターネットでの購入はできません。
医療用医薬品は医師の処方せんが必要になりますし、要指導医薬品は現状、『対面での販売』しか認められていません。
(もちろん店頭であれば購入は可能です)

風邪を引いた、胃腸の調子が悪いなど、日常的な体調不良で薬を購入する場合でしたら、ほとんどは第三類か第二類の購入で事が足りると思います。
第三類か第二類であれば、多くのお店で購入できる上に、早く受け取ることが可能なお店も多いでしょう。

ですが、第一類の医薬品を購入する場合には、少し注意が必要です。

第一類医薬品と医薬部外品の購入

第一類医薬品は、第二類、第三類とは購入方法が異なります。
購入する際に、今の症状や使用者の情報を薬剤師とやりとりする必要があるのです。
そのやりとりがある都合上、第一類医薬品はすぐには商品が届かない場合があることも覚えておきましょう。


また、ときおり薬のように見える物でも、パッケージに『医薬部外品』とかかれているものも見かけます。こういったものは医薬品には含まれないため、特別な資格を持っていなくても販売することが可能になっています。

次のページでは、医薬品を購入する際のチェックポイントなどをご紹介しますが、医薬部外品のみを購入する場合には、こういったチェックポイントの対象とはなりません。薬剤師や登録販売者のいないお店でも販売することが可能だからです。