医薬品のネット購入時には、購入できない薬もあることを覚えておきましょう

ネット購入するときのチェックポイント

ネット購入の際にはここをチェック

医薬品をネットで販売するためには、必ず届け出と許可が必要となります。
そのため、薬をネットで購入する際には、その販売者がきちんとした届け出をしていることを必ず確認してください。

サイト内の会社情報ページなどに、許可証の内容や店舗所在地、連絡先、実店舗の写真、担当する薬剤師や登録販売者の氏名などが記載されているはずです。
逆に、これらの記載がきちんとされていないサイトでは医薬品を購入しないようにしてください。思いもよらないトラブルに巻き込まれる原因となってしまいます。

きちんと許可を受けている販売サイトの一覧は、厚生労働省が公開しています。このリストに該当の店舗が載っているかを確認するのも一つの手です。
ネット購入はとても便利ですが、特に医薬品を購入するときには信頼できる店舗かどうかを確認してから注文するようにしてください。

もしも怪しい店から買ってしまったら…

あまり想像したくはありませんが、ネット上には、きちんとした届け出を行わずに医薬品を販売している店舗も存在するかもしれません。

もしそういった店舗から薬を購入してしまうと、一体どんなことが起きてしまうのでしょうか。
あくまで可能性の話ですが、注文した通りの医薬品が届かない、似た名前の別の医薬品が届いてしまう、症状を相談しても適切でない医薬品を勧められてしまう、といったさまざまなトラブルが起こりうる可能性があります。

医薬品は、誰の体にも大きく関わるものですから、ネット上で購入するときには、特にお店選びに気をつけましょう。

怪しい販売サイトを見つけたときには、厚生労働省が用意している窓口へ連絡を入れることも大切です。

本当に安心できるサイトでは、医薬品に関する疑問や不安にもきちんと相談に応じてくれるはずです。少しでも不安な点はすぐに相談して、ネットでの医薬品購入を上手に活用してください。